日本駐車場開発株式会社

ここが社会人のスタート地点。
後輩の目標となるべく走り続ける。

日本自動車サービス開発株式会社
取締役 橋本 翔太 2011年に大学を卒業後、他の企業に勤務したのちに、同年8月にNPDに入社。2017年に日本自動車サービス開発株式会社に出向し、現在は大阪支社担当の取締役を務めている。

代表の言葉に衝撃を受け、
自分のすべきことが見えた。

大学を卒業後に勤めた企業を退職し、同年8月にNPDに入社しました。 前職は短いスパンでの退職でしたので、「自分には社会人としてのスキルが身についていない」というコンプレックスがあり、転職する際は「腰を据えて仕事をしなくてはならない」と考えておりました。NPDについては最初から業務を理解していたわけではなく、「ウィンタースポーツ人口が減少している時代に、スキー場に積極的に参入している会社がある」という興味から出発し、親会社を調べるとNPDにたどり着きました。「この会社は一体何をしているのだろう」と思い調べたところ、「社員の考え方や気づきを重視し、マンパワーを武器としている」、「商材を問わず、課題を解決することからビジネスモデルを組み立てている」ということがわかりました。「ここでキャリアを再スタートしてみよう」という気持ちが湧いてきましたが、この時点ではライフビジョンが明確だったわけではありません。入社後に当社グループの巽代表から、社会人としてスタート地点にすら立っていないことや、考えの甘さを指摘されたときに、殴られたかのような衝撃を受け、ようやく自分が何をすべきかが見えてきました。入社後は店舗の責任者としてスタートしましたが、部下は先輩だらけ。店舗を良い方向に変えていこうと思っても、スタッフの想いが一つにならなければ先に進むことはできません。「今の自分にできることは何か」を考え、誰よりも多くお客様の顔と名前を覚えるなど、他のスタッフよりも秀でた部分を増やし、周りに認めてもらうことで立場を確立していきました。その後もエリアの責任者、拠点の責任者とステップアップしていきましたが、最初の努力がなければ、次のステップに進むことはできなかったと思っています。2017年に日本自動車サービス開発への出向を命じられましたが、新しいことに挑戦するのが好きですし、何よりも、これから成長を図ろうとしている会社から適正を認められたことがとても嬉しかったです。

事業が拡大できればポストも増える。

当グループのリクルートページには、「若くして裁量権が得られる」などと書かれており、そこに魅力を感じて入社される方も多いと認識しています。もちろんそのためには、常に努力し、高みを目指し続けることが必要です。私が取締役を務めているのも、頑張ったことへの褒美などではなく、今までよりも遥かに高い成果を求められているのだと思っています。そして、今後は私自身が目標とされる人間にならなくてはなりません。後輩に「自分もこうなれるチャンスがある」と示すのが、私に与えられた命題だと思っています。今後の日本自動車サービス開発の目標は、親会社のNPDと同じ規模に成長させたいと考えています。駐車場業務もカーシェアリングも、日々の業務自体は難しい仕事ではありませんが、それだけで終わるのではなく、お客様に満足いただける気づきや、工夫が必要です。事業が拡大できればポストも増えるので、年齢に関わらず、チャレンジしたい人がどんどん挑戦出来る環境が整います。自身の成長が会社の成長に繋がるという意味でも、成長すべきだと思っています。弊社をご検討の方に「それが実現できる環境がここにはある」と自信を持ってお伝えしますね。


※掲載情報は取材当時のものです。